道具学会では、各種媒体にて会員のみなさまが自由に発信できる場を設けています。それらの投稿に関して、以下のようにご案内いたします。

『道具学論集』

『道具学論集』は、道具学に関する研究の発展に寄与するために、会員の研究成果としての論文および作品を掲載発表するものです。投稿に関する詳細は右のPDFを参照ください。

絵はがき通信「道具学への招待」

絵はがき通信「道具学への招待」は、内外に広く道具に関する知見を披瀝していただく場として発行を続けています。毎回、多彩な顔ぶれによる道具への思いが会員の皆様に届きます。
 この絵はがき通信は、道具学会会員であればどなたにも投稿資格があり、随時投稿を受け付けています。
投稿・問い合わせ先は事務局まで。
執筆にあたっては、基本的に400字(字数オーバーの場合は削除を依頼します)+画像データを、メールにて送信いただくという形になっております。
なお、過去のバックナンバーを参考になさりたい場合には、Web上で一覧できます。

『道具学会News』内「道具のひろば」

道具学会News は、年度3回(9、12月、3月)発行です。その中で「道具のひろば」は、会員各氏による発信の場。「道具のほんだな」「私のコレクション」などがあります。
◎形式:本文・画像ともデータ(doc、docxまたはrtf ファイル、Jpegファイル等)で事務局までメールでお送りください。どうしてもという場合には編集委員側で文字入力や紙焼からのスキャンを請け負いますが、委員内人員不足の折、なるべくご自身でのデータ作成にご協力ください。
◎文章量の目安:「ほんだな」は400字内外、「私のコレクション」は1600字内外。その他は400〜3000字程度でご自由に。
◎算用数字等の入力について:縦組みですので、原則として2桁の数字は半角、それ以外(1桁と3桁以上)は全角で入力してください。また、和文中の各種括弧は全角で入力してください。
◎画像解像度について:一定の画質が必要です。誌面での使用想定サイズで解像度300程度のものを用意してください。
◎締切:発行月の前月末

『道具学会News』内「内外イベントスケジュール」

◎掲載内容の基本事項は以下のとおりです。
1.催しの名称
2.開催期間および時間
3.開催地名称および住所、電話番号
4.入場料・参加費等
5.催しの内容・PR等(短文で結構です)
6.連絡・問い合わせ先
PLUS 掲載可能な紹介図版(写真等)がございましたら、どうぞそちらもご添付ください。
◎送付先:道具学会事務局
◎締切:発行月の10日

各媒体の投稿先・原稿送付先は道具学会事務局となります。わからないことがありましたら事務局までご遠慮なくお問い合わせください。