道具学への vol.76 20年目のなじむ木槌

f0107583_1054914.jpg
 見た目にはぼろぼろの様子の木槌。私は工房を開設した約20年前に、この木槌を自作した。市販されている木槌も手にとって振ってみたが、どことなく頼りない感じがした。たぶん、自分が使う時のバランスの位置が違ったのだと思う。
 この木槌を使うのは鉋刃の出し入れの時だけ。もちろん、金属の頭部の玄翁でもできるのだが、それでは鉋の台の頭をいためてしまう。台をいためないで、使いやすい木槌が欲しかったのである。
 頭部はカバ、柄はタモ。柄はそれほど固くなく、むしろタモにしては柔らかい質のところを使っている。そのおかげか、手に持ってあたりがソフトだ。頭部は鉋刃や台を叩くため、ある程度の強度がいるたので、カバがいい。
 こうした作業用の道具はグローバルスタンダードではなく、個人の好みにきわめて密接な方がいいと思う。

(里森滋 2011/07)

LinkIcon

LinkIcon