道具学への招待 vol.105 『心の器』

f0107583_1694938.jpg
 ある時、大分以前のことを思い出そうと探しだした古手帳から、はらりと落ちた小さな袋。「お年玉」「眞査子さんへ」「母より」と記されていました。
 判読できないほど字は乱れ、あまつさえ「眞佐子」の「佐」の字を間違えて「査」と書いてあります。脳梗塞から認知症を患って逝った最後のお正月、利かない手で一生懸命書いた最後の文字だったのです。
 母の在りし日が一気に蘇りました。たとえ、ひとひらの紙であっても私にはかけがえのない大切なもの。一体何処に仕舞ったらいいのでしょうか。
 大切な人を失うことは、誰しもが深い悲しみ、募る無念を経験すること。
 『心の器』は、寂しさを乗り越えるよすがとして、愛する人が生きた証を示す小さなモノを収める器です。手紙、アクセサリー、石ころ、言葉、何を入れてもいい。何処に置いてもいい。いつも寄り添い、悲しい思い出もいつか希望に繋げる魂の友(soul mate)として創案したものです。
 祈り、語り、願い、家族や友との心を通わせる器にしたいと念じています。

(曽根眞佐子 2013/12)

LinkIcon

LinkIcon